HOME>イチオシ情報>追加料金が発生する可能性が高いので確認することが大切

追加料金が付きもの

作業員

自宅の空調にエアコンを使う場合、一般には販売されていない道具が必要なので業者に頼むことになります。10000円から20000円くらいで工事をやってくれるところが多いので、自宅が対応エリアになっている業者を探してエアコンを取り付けてもらいましょう。ちなみに、エアコンを取り付けるための工事には追加料金が付きものだと考えておいたほうがよいです。なぜならば、環境によっては配線を追加したりダクトを延長したりしなければ取り付けられないことが多いからです。追加料金は見積もりをやってもらえば、いくらになるのか正確な金額を教えてくれるので、エアコンを取り付けてくれる業者に依頼しましょう。

取り付けを頼む方法はいくつかある

男女

家電量販店の実店舗でエアコンを購入した場合は購入の流れで、そのまま業者に取り付け工事を頼める場合が多いです。スタッフが説明してくれるので、大体の金額を聞いたうえで契約するようにしましょう。インターネットの家電量販店から購入すると、『取り付けをお願いできる』と『お客様側にお任せ』という場合があります。こちら側でやらなければいけないときでも、インターネットで検索すれば、すぐに対応業者が見つかるので安心しましょう。

窓用も販売されている

作業員

エアコンには種類があって、壁に取り付けるのではなく窓に取り付けるための製品もあります。こちらの製品は壁に穴を開けるような工事も必要もなく、特別な道具も必要ではないため、個人でも取り付けが可能です。しかし、かなりの重労働となるので、不安があるのなら取り付け業者にお願いをしたほうがよいでしょう。一般のエアコンよりもずっと安く取り付けてくれるため、破損や防犯上のリスクを考えるのなら業者に頼んだほうが得かもしれません。

広告募集中